« 【予告】東海道新幹線N700系レポート(近日報告します) | トップページ | 茨城県取手市(手づくり洋食サルデーレ) »

2007年7月 4日 (水)

東海道新幹線N700系乗車レポート(のぞみ26号)

名古屋駅に到着するN700系のぞみ26号(東京行き)名古屋駅に到着するN700系のぞみ26号(東京行き)

ついに乗りました!N700系!

しかも、グリーン車です(●^o^●)

エクスプレス予約のポイントを使ってグリーン車に乗っちゃいます。

のぞみ26号グリーン車キップ グリーン車

名古屋駅から東京駅までのわずかな区間ですが、出張先と出張予定を考えると、N700系に乗車できるチャンスは、名古屋や京都から「のぞみ26号」と「のぞみ28号」しかありません。それ以外のN700系は早朝だったり、夜遅い列車だったりするのでムリっぽいです。

今回は、お仕事が予定よりも少し早く終わったにもかかわらず、わざわざ「のぞみ26号」に乗車すべく、名古屋駅で約1時間程度の時間調整となりました。

期待に胸を躍らせて、少し早めですが夕方の西日が照りつける灼熱の新幹線ホームに向かいます。

携帯電話をカメラモードにして、「のぞみ26号(N700系)」の入線を待ちます。

き、来ました!!

側面ロゴがN700系を大胆に主張しています パチリ

う~ん。実物を間近でみると、写真よりも鼻筋のシワがクッキリと目立っていて迫力があります。ちょとしかめっ面な「ちょいワル新幹線」という感じです。

こんな顔で後ろから追いかけられたら「ひかり」や「こだま」もビビリますね。

いや~。グリーン車はいつ乗っても気持ちがいいですね~。

特に新型車両かつ新品ですからね。

乗り心地も良いですし、お世話係のおねーさんがキレイです。

ただ、ザンネンだったのは、相変わらずJR東海のおしぼりが不織布であること。

JR西日本(山陽新幹線区間)で配られるおしぼりは、布製おしぼりです。

N700 側面ロゴがN700系を大胆に主張しています

車両の側面に大きく「N700」のロゴがバ~ン!!

新型であることを日本中、いや世界中にアピールしているようであります。

もうひとつ、N700系の特徴である連結部分のカバーの撮影に成功しました。

N700横ジャバラ状になっている連結部 横ジャバラ状の連結部

突撃取材!アポなしで触っちゃいました!!

Horo 意外に柔らかい連結部カバー

ふにゃっとしていました。

これのお陰で、連結部付近の騒音が減少して、デッキでの電話がとても聞き取りやすくなりましたね。

07070417p1010020 洗面スペース

手洗い場ボールもオシャレな感じですね。

使いにくかったけど。

カーブでの傾きや加速などを実際に体感することは出来ませんでしたが、ピカピカの新型車両と新品は、とてもキモチが良かったです。

あっというまに、東京駅についてしまいました。

ああ、もっと乗っていたい。

この次は、博多から東京まで乗っちゃおうかな、と思ったりした出張太郎のN700系乗車レポートでした。

Nozomin700k 東京駅のホームで

■おまけ
300k 300系

となりのホームには、ひっそりと大昔ののぞみ車両300系が寂しそうに。。。

「新幹線物語・夏」がなつかしい。

ぼちぼち更新していきますので

懲りずにまたアクセスしてくださいね。

 

出張太郎 今日は、ここまで。

  もっと面白いブログを見る

|

« 【予告】東海道新幹線N700系レポート(近日報告します) | トップページ | 茨城県取手市(手づくり洋食サルデーレ) »

出張(東海)」カテゴリの記事

乗り物」カテゴリの記事

新幹線」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~

新型ですか?

新幹線にお乗りになるだけでうらやましいのに、いいな~

投稿: 京都ふらり | 2007年8月28日 (火) 06時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東海道新幹線N700系乗車レポート(のぞみ26号):

« 【予告】東海道新幹線N700系レポート(近日報告します) | トップページ | 茨城県取手市(手づくり洋食サルデーレ) »