グルメ・クッキング

2007年7月12日 (木)

茨城県取手市(手づくり洋食サルデーレ)

出張太郎です。久々の更新です。

茨城県取手市に出張してきました。

今日のランチは、定番の美味しい洋食屋さん「サルデーレ」です。

Sardele 純和風瓦屋根の洋食屋さん

国道6号線沿いにある洋食屋さんです。

東京方面からクルマで行くと、キリンビールを過ぎてカップヌードルの手前の信号カドです。

ランチメニューから「パスタランチ(¥880)」をオーダしました。

Lunchmenu_sardele <イメージ>

あまりの空腹に我を忘れて(?)料理の写真を撮るのを忘れてしまいました!!

というわけで、サルデーレのHPより写真を拝借し、掲載しています。

小ぶりながらもふっくらとしたハンバーグは、ゼッピン!

トマトソース味のスパゲッティとハンバーグの合盛り状態なのですが、ザンネンなことにライスが付きません。スパゲティが炭水化物だからでしょうか??

なので、ライスを追加オーダーします。カンペキです。

■サルデーレ通信■
Sardelecojp 07071319p1010059 手づくり

手書きの「サルデーレ通信」。お店からのお知らせやおすすめメニューが書かれています。7月号とあるので、月刊のようです。

■ホームページ■

お店のホームページもなかなか充実しています。

http://www.sardele.co.jp/index.html

この手のお店は、作りっぱなしの素人っぽいホームページが多いのですが、キチンと更新されているし、メニュー写真なども見やすくて美味しそうです。

■手づくり洋食 サルデーレ■

 茨城県取手市清水296-1
 0297-83-6151

 営業時間:11時~22時
 (ラストオーダ21時30分)
 定休日:第2火曜日

[地図]
手づくり洋食サルデーレ

今日は、ここまで。

   もっと面白いブログを見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月14日 (木)

そば処わた仲(栃木県小山市)

出張太郎です。

栃木県小山市に出張してきました。

関西からの【お取引先さま】と一緒にランチタイムです。

せっかくだから、北関東っぽいもの。
特に群馬っぽくて、桐生らしいものを!!と思っていたのですが、小山でお昼時になってしまいましたし、JR小山駅から新幹線で撤収してもらうことを考えると、致し方ありません。

というわけで、以前、別の【お取引さま】と食事して結構美味しかった『わた仲』に行きました。

お蕎麦屋さんです。

本格的です。昼から旦那さん衆が一杯やってます。冷酒ですか??

出張太郎は、クルマなのでもちろん無理です。

Watanakamenu2 他にセットメニューあり

色々とセットメニューなんかもあり、迷いましたが、お蕎麦!

しかもシンプルな「せいろ」を。

でも、天ぷらもつけちゃおう!!

というわけで、「天せいろ」をオーダーしました。

Tenmoriset 天せいろ1,200円

つゆは、ちょっと醤油濃い目ですね。
もうちょっと、カツオ風味で(少しだけ)あまい方が合うと思いました。

Watanakamenu

小山市花垣町2-10-15
TEL:0285-25-1717
定休日:火曜日
[地図]
 そば処わた仲 

出張太郎、今日はここまで。

   さてさて、
     今日の出張太郎は、何位でしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月20日 (日)

伝説の北海道みやげ【じゃがポックル】をゲットする方法!!

新千歳空港【じゃがポックル取り扱い店舗】

出発カウンターのある2階のFleur(フルール)ショッピングワールド内の以下の店舗で【じゃがポックル】を売っているそうです。

■ANA側
1)ANA FESTAキオスク
2)北海道物産
3)センカ
4)じょうてつ
5)スノーショップ出発売店
7)ハスカップ
8)BLUE SKY(JALUX)キオスク1号店
9)丸井今井
10)雪印パーラー
11)北海道百貨スイーツ店

■JAL側
12)三越
13)山三ふじや
14)スカイショップ小笠原
15)札幌グランドホテル
16)BLUE SKY(JALUX)出発1号店
17)東急百貨店総合
18)ノルディス
19)BLUE SKY(JALUX)出発2号店
20)BLUE SKY(JALUX)キオスク2号店

■その他
1Fスノーショップ到着売店

Fleur(フルール)のインフォメーションカウンターでもらったチラシによると、これらの店舗でじゃがポックルをゲットできるということです。。。。

が、しか~し!!

実際にこれらの店舗の店頭にじゃがポックルが並んでいることはほとんどなく、入荷して店頭に並べるや否や30分もたたないうちに完売する状況のようです。
そのため、これらの店舗を一軒一軒やみくもに回っても、よほどの幸運でもない限りゲットすることは困難です。

そんななか、このたびわたくし出張太郎は、空港内を無駄に駆け回ることなく、ドコにじゃがポックルがあり、どの店舗がじゃがポックル売切れ・完売御礼なのかを瞬時に知ることができる【秘策】をもって今回の出張でお一人様購入限界の3個ゲットに成功しました!!

感動しました!

じゃがポックルを3箱ワシ掴みにしてレジに向かったときの快感といったら。。。。

スローモーションで、BGMはエルガーの【威風堂々】が頭の中に流れていました。
まるでクックDOのCMのようでした。(笑)

支払いは、もちろんEdyです。「ピッ」「シャリーン(←Edyの音です)」。

 購入場所:札幌グランドホテル
 お買い物:じゃがポックル@¥840×3個=¥2,520円
 札幌グランドホテル ショップ ←ココで買えた

さて、【じゃがポックル】をゲットできる秘策とは。。。

■【じゃがポックル】をゲットできる秘策■
1)出発カウンターのある2階のFleur(フルール)ショッピングワールドに
  あるインフォメーションカウンターに行く。
2)『今現在【じゃがポックル】の在庫があるお店はどこですか?』とたずねる。
3)以上、それだけ。

今回は、調査し切れなかったのですが、Fleurのインフォメーションカウンターでは、各店舗の在庫状況がわかるらしい。
少なくとも現時点で全ての店舗で完売である、ということは確実に把握しているようだ。
【じゃがポックル取扱店舗】がリストアップされているA5版のチラシもゲットできる。

とはいえ、飛行機の出発時刻までに「運良く」入荷するかどうか、が運命と勝負の分かれ目ですね。
入荷のタイミングは、各店舗によりマチマチで、納入業者も複数あるらしいし。
今回は、夕方5時の入荷のタイミングでたまたまゲットできたのだが、チョットでも出遅れていたら最悪の結果になっていたに違いない。。。

不運にもこの方法で【じゃがポックル】をゲット出来なかった場合には、【楽天市場】で「おとりよせ」しましょう!

  【楽天市場】で【じゃがポックル】をゲットするには、コチラをクリック!

伝説の北海道みやげ【じゃがポックル】 伝説の北海道みやげ?

【じゃがポックル】とは?

カルビーの北海道限定ブランド「ポテトファーム」で製造されている北海道限定のポテトスナック菓子です。
大人気で売り切れ続出で市場に枯渇感があります。

中身はこんな↓感じです。
じゃがポックルの中身 じゃがポックルの中身

■「じゃがポックル同梱のじゃがポックルに関するガイド」より

1.美味しさの秘密は、「じゃがポックル」独自の<SUCCT製法>にあります。

北海道産のじゃがいもの中でも旨みのある品種だけを使用し、製法に適した大きさのものを厳選しています。
旨み成分を残すために皮付きのまま、まるごとカット。
さらに独自のSUCCT製法が、いままでにないサクサクっとくる食感と北海道産じゃがいも本来の味わいを生み出しています。

2.オホーツクの焼き塩を使用。北海道ならではの風味です。

オホーツク海とつながっているサロマ湖の淡水と海水が混じり合う汽水域から作られた塩を使用。
この汽水域はミネラル分が豊富で旨み成分がタップリ。
汲み上げた海水を釜でじっくり煮込み、マイルドな焼き塩に仕上げています。

3.美味しさと品質を追求すればやっぱり北海道産のじゃがいもです。

「じゃがポックル」の原料となるじゃがいもは、100%北海道産。
それには理由があります。
じゃがいもの美味しさを左右するでん粉は、葉で作られ、夜に地下のじゃがいもへ送られます。
昼と夜の寒暖差が大きいほど、でん粉がたくさん移行し、その分旨さも増します。
また北海道は梅雨がほとんどないので、腐敗などの品質低下も防げます。
北海道の気候風土は、とても美味しくて良質なじゃがいもを育ててくれるのです。

「じゃがポックル」に使用している北海道産じゃがいもは、土づくりや肥料づくりを生産農家と共同で研究した畑で実ります。
収穫後は畑ごと生産者や収穫日、品質などをしっかり記録した身元を明示。
その後、貯蔵倉庫に運ばれたじゃがいもは、品質検査を受けた上で厳密な温度・湿度管理のもとに貯蔵されます。
大切に育てられ、選び抜かれた一個一個が、今、低温貯蔵倉庫で出番を待っています。

4.「じゃがポックル」という名前は、アイヌ民族に伝わる伝説のコビト「コロ・ポックル」からいただきました。

コロ・ポックルとは、アイヌ語で”蕗(ふき)の下の人”を意味し、アイヌ伝説に出てくるコビトです。
恥ずかしがり屋で人前に姿を見せることはないのですが、夜中にこっそり食べ物を置いていくような優しい心を持ち幸せをもたらしてくれる神様として伝えられています。

5.サクッとうまい!
北海道から生まれた新感覚ポテトです。

「じゃがポックル」を食べた瞬間「おっ!」と思われた方が多いのではないでしょうか。
カリッとして、サクサクッと未体験の歯ざわり。
そしておクチに広がる、じゃがいも本来の味わい。
厳選素材と独自製法から生まれた、北に大地の傑作です。

「POTATO FARM(ポテトファーム)」とは、素材と製法にこだわったかルビーの北海道限定ブランドです。
現在、「じゃがポックル」「ほっとホテト」など、オリジナルティあふれる商品を展開している。
これからもどこにもいない「ポテトファーム」だけの美味しさをお届けしてまいります」

   さてさて、
     今日の出張太郎は、何位でしょう?

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2007年1月30日 (火)

鹿児島県鹿児島市(5)ラーメン専科のり一

鹿児島まで出張してきました。

鹿児島市内の天文館のはずれにある激安・美味しいラーメン店についての続報です。
(前回の情報はこちらをチェック)

07013022p1000049 らーめん専科のり一

シンプルなラーメンでローコストで低価格なんだなぁ、と漠然と思っていたら、今回同行した上司いわく「丁寧な仕事で手間かけてるなぁ」と感心しきり。
トッピングのもやしは、普通のもやしよりも細いタイプで特有の風味をもつ種類らしいのですが、豆の部分を丁寧にひとつひとつ取り除いているようです。(上司のうんちくより・事実は未確認)

いづれにしても、鹿児島滞在の際には、天文館周辺のホテルに宿泊し、天文館で一杯やって、「のり一」でラーメンを食べることになりそうです。

出張太郎 今日は、ここまで。

その他のブログは、コチラから。。。

励みになります。よろしかったら
↓クリック をお願いします。 

人気ブログランキングへ にほんブログ村へ
Ranblo_banner63_2 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月25日 (水)

鹿児島ラーメンこむらさき

鹿児島ラーメンの老舗「こむらさき」に行ってみました。

といっても、天文館にある本家ではなくて、駅ビル「アミュラン」にあるお店です。

P1000021_1  

 

 

 

 

 

 

 

 

席に着くなり飛び込んできたのは、シンプルなメニュー。

P1000023

ラーメン:900円

ラーメン(大盛り):1200円

お持ち帰りラーメン:900円

ごはん:100円

出張太郎の地元にも同じようなシンプルメニューのラーメン屋さんがあるが、「こむらさき」のお味はいかに??

 

 

お水・ペーパーお手拭きと一緒に出てきたのが、
大根の甘酢づけ(?)。

ラーメンと一緒に写真を撮りたいので、
とりあえず食べずに我慢します。

きた!来ました!ラーメンが来ました~。

おなかペコペコです。でも、パチリ。

P1000022  

 

 

 

 

 

 (あれ?大根のつけもの写ってないや。。。)

 

ラーメンを置くと同時に店員さんが「よく混ぜてお召し上がり下さい」と必ず言う。

なんでだ??下の方に濃いスープが沈殿しているのか??

しなしなキャベツと乱切りチャーシューがタップリのってます。

薄切り椎茸は、チョビットだけのってます。
(シイタケ嫌いなヒト要注意) 

ひとくち食べてもピンとこない。

ふたくち食べても良く分からない。

まあ、麺王国出身の出張太郎にとって、鹿児島ラーメンは、
いまひとつの感が否めない。

あっさりトンコツにかんすいを使わない蒸麺は、コシがなく、
何をどう楽しめばよいのか分からなくなってしまう感じです。

細麺だし。

うううんん。鹿児島名物を食べてみた。ということで。(^^ゞ

【鹿児島ラーメン こむらさき】 

鹿児島ターミナルビル「アミュプラザ鹿児島」地下1階
 
 鹿児島市中央町1番1
  
TEL:099-812-7058  

 観覧車 アミュラン

■営業時間

  11:00~21:00

■定休日

   [鹿児島味の小径]の定休日 

 

励みになります。よろしかったら↓クリック をお願いします。 

Banner_04_3 にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ Ranblo_banner63_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月18日 (水)

鹿児島県鹿児島市(2)

鹿児島へ出張してきました。

今日は、JALなので、第一ターミナルです。

■便名:JAL1867 東京(羽田)(11:00) - 鹿児島(12:45)
■座席:20C
■機材:A300-600R(旧JAS機)
■ベストCA:多田さん(中堅)[★★★☆☆]

■お土産:ごまたまご(小) ¥680円
    (東京駅キヨスクにて購入)

■今日のランチ:

P1000010_2  今日のランチは、すっかり定着した「空弁(そらべん)」です。
 いつもは、おやつとして「万かつサンド」を食べるのですが、今日はお昼として食べるので、慎重にセレクトしちゃいます。
 「焼きさば寿司」は、前回のワイフへのお土産で食べたので見送りです。それに油で手がべたべたになるから機内ではちょっと。。。
 「万かつハンバーグサンド」は売り切れです。
 迷いに迷った挙句、二つ食べることにしました。
ああ、ワイフに知れたらなんと言われるやら。。。

急いで購入し、撮影の準備です。
写真は、デジカメではなく携帯電話のカメラで撮影しているので、
機内では撮影できませんから、ロビーでの撮影となります。

P1000009_1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■空弁(1):まぐろやさんのかつサンド¥650円
       (株)マリンプロダクツ
       天然マグロを使用したカツサンド。6切れ。

P1000007_1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■空弁(2):羽田限定 極細巻き寿司 老舗の味八選
       ぎんざ日乃出[日乃出食品(株)

P1000008_1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【中に入っていた説明書より】
細巻き寿司の栞
 ぎんざ日乃出の創業は明治三十三年、歌舞伎座前にございます大阪寿司の老舗です。
江戸ごぼう、味付干瓢、海老の甘露煮、蜆佃煮、胡麻昆布、山くらげの醤油漬、飛騨の赤蕪、鯛の昆布巻と八種類の美味しさを、浅草海苔で極く細巻きに仕立てました。
 こちらは、羽田空港のみの限定商品でございます。
軽いお召し上がり物に、お土産に、是非ご利用下さいませ。
 この商品は、(株)JALUXとぎんざ日乃出が共同開発したものです。
 ぎんざ日乃出

■飲み物:今日も黒烏龍茶です。

サントリー 黒烏龍茶 350ml

■機内ドリンク:スープとコーヒー

今日は、いつものように鹿児島市内行きのリムジンバスではなく、お取引先のお迎え付です。
らくちんです。
といっても、サラリーマン金太郎 のキャラクターで
宣伝していたトヨタプロボックス(バン)です。
げ、4ナンバー?

しかも、「どうぞ後ろへお乗りください。」って?
「楽にしてくださいね」って?
Probox90do できません。
シートの背もたれがほとんど垂直ですから。^_^;
ミョーに座高が高くなったような姿勢でリラックスできない出張太郎なのでした。

 

阿久根市というところに異動してお仕事をした後、再びプロボックス(バン)
くどいようですが、4ナンバーで、鹿児島市内へ移動します。
が、「助手席に座ってもよろしいですか」と勇気をもって言ってみた。
「どうぞどうぞ」って、どこでもよかったの?

なんだかんだと鹿児島県内を約210kmくらい走って、本日の業務終了です。
おつかれさまでした。
よかった、居眠りしなくて。。。。

■本日のホテル:
  本日のホテルは、またまた東横イン鹿児島天文館1です。
  東横イン鹿児島天文館1

  今回も東横インのwebサイト「やど直販」ではなく、
  楽天トラベルで予約しました。

■今日の一杯

 チェックインしたら、夕食&晩酌に出かけます。

居酒屋 ONOYA伍之倉庫(オオノヤゴノソウコ) 

 高見馬場電停から徒歩約2分で東横インのすぐ横にある居酒屋に入ってみました。
 以前は、その横の「ノギノエ」というお店に入ったので、今回はコッチにしてみます。

P1000030_1

 雰囲気のある入り口です。

 「ノギノエ」と隣り合わせになっていて、マンションの1Fにあります。

 外までいいにおいが漂ってきます。

 期待しちゃいますね~。

P1000006_1

 まずは、生ビールをオーダーします。

 お店の名誉のために書いておきますが、写真は2口くらい飲んでしまった後に撮影したので、もっとビールが多いはずです。

 

 

P1000005

店内には、焼酎がずら~と並んでいます。 

いつもなら、つぎのお酒を物色しますが、メニューをみてびっくりです。 

「焼酎 各種¥700~」 ゲっ! 

そんなに何杯もオーダーできないので慎重に選びます。 

 

P1000002_12杯目です。 

「富乃宝山」のお湯割りをオーダー。 

アテには、チャンジャを。 

う、うまい。(^。^) 

焼酎がチョット高いので、何かおなかに入れましょう。 

メニューを見ていると「中華風ねぎ塩そば」と目に飛び込んできました。塩ヤキソバか~、いいね。

念のため、店員に聞いてみた。「これ、ヤキソバ?」

すると、「え?あ、はい。」(ちょっとあいまいな返事)

とりあえず、オーダーしてみることに。

まだかな、まだかな?時間かかるね~

ハラペコです。

P1000034_1 きた!
え?なに、この汁?
ヤキソバじゃないの??(絶句)
スープヤキソバ? 
とりあえず、ひとくち食べてみるか。(パクリ、ツルツル~っと)
ん?この麺、スパゲティ??でもあることが脳裏をよぎった!
「すみませ~ん、レンゲください」(ラーメン屋じゃないからないかな?と思いつつ言ってみた)

店員「はい、どうぞ」ってあるなら最初から付けてよん。(^_^;)
や、やっぱり。レンゲでスープをすくって麺をすすると。。。。

ラーメンだ!

これは、スパゲティの麺で作った塩ラーメンだ!!

脳裏をよぎったイメージどおりだ。な、なんてことだ。

「ヤキソバ」だと言ったのに、レンゲまで出しておいて、スパゲティ麺のラーメンを食べさせるなんて!!んんんん、しかし、

う、うまいーーーー!!)^o^(

ゆるす。今日のところは、許すーーー。

P1000032【完食】

 

 

 

 

 

 

P1000031_2

■お店:居酒屋ONOYA伍之倉庫
■住所:鹿児島市山之口町3-6
■TEL:099-225-8847
■定休日:月曜日
■駐車場:なし

【本日のデータ】
 ■飲物:生ビール(1杯)、富乃宝山(お湯割り)
 ■あて:チャンジャ、中華風ねぎ塩そば
 ■お会計:2,100円くらい

さて、さて、その後は。

今夜もクーポンマガジンHOTPepper片手に
お隣の「マッサージプラザ」へGO!

■マッサージプラザ(真面目系マッサージ処)

  通常¥4,500円(60分)
   →¥2,500円(50分・クーポン利用)

P1000029 今日は、指圧コースにしてみました。

ものすごく、体格の良いヤングマンが担当です。

Wear こんな、ウエアに着替えます。

んん、ぐっすり寝ながらマッサージを受けて今日の疲れを癒しました。

さあ、明日も頑張ろう!!

今日は、ここまで。

励みになります。よろしかったら
↓クリック をお願いします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
Ranblo_banner63_2 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (0) | トラックバック (0)