駅弁・うまいもの

2007年8月15日 (水)

伝説の北海道みやげ【じゃがポックル】をゲットする方法!!(リターンズ)

店舗の店頭にじゃがポックルが並んでいることはほとんどなく、入荷して店頭に並べるや否や30分もたたないうちに完売する状況のようです。
そのため、これらの店舗を一軒一軒やみくもに回っても、よほどの幸運でもない限りゲットすることは困難です。

それでは、反響の大きかったじゃがポックル】をゲットする秘策リターンズはじまりはじまり~

■【じゃがポックル】をゲットできる秘策■
1)出発カウンターのある2階のFleur(フルール)ショッピングワールドに
  あるインフォメーションカウンターに行く。
2)『今現在【じゃがポックル】の在庫があるお店はどこですか?』とたずねる。
3)以上、それだけ。

今回は、調査し切れなかったのですが、Fleurのインフォメーションカウンターでは、各店舗の在庫状況がわかるらしい。
少なくとも現時点で全ての店舗で完売である、ということは確実に把握しているようだ。
【じゃがポックル取扱店舗】がリストアップされているA5版のチラシもゲットできる。

とはいえ、飛行機の出発時刻までに「運良く」入荷するかどうか、が運命と勝負の分かれ目ですね。
入荷のタイミングは、各店舗によりマチマチで、納入業者も複数あるらしいし。

不運にもこの方法で【じゃがポックル】をゲット出来なかった場合には、【楽天市場】で「おとりよせ」しましょう!

  【楽天市場】で【じゃがポックル】をゲットするには、コチラをクリック!

伝説の北海道みやげ【じゃがポックル】 伝説の北海道みやげ?

今日は、ここまで。

   もっともっと面白いブログを見る

そんななか、このたびわたくし出張太郎は、空港内を無駄に駆け回ることなく、ドコにじゃがポックルがあり、どの店舗がじゃがポックル売切れ・完売御礼なのかを瞬時に知ることができる【秘策】をもって、お一人様購入限界の3個ゲットに成功したことを再び自慢します!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月31日 (火)

ひさびさの福岡・博多

出張太郎です。ひさびさに九州・福岡方面に出張してきました。

今日は、めずらしくANA利用なので、第2ターミナルです。

夏休みの羽田空港は、とても混雑しています。

どこもかしこも人人人人ヒトヒト。。。。

07080108p1010016

これまた、めずらしくB747いわゆるジャンボ機でした。

なので、2階席を予約して、あわてず騒がず出来るだけ最後に乗り込みます。

第2ターミナルは、撮影しにくいので好きではありません。

B747-400[JA8960]B747-400[JA8960]

■便名:ANA247 東京(羽田)(9:45) - 福岡(11:30)
■座席:76A[2階席] 
■機材:B747-400[JA8960]
■ベストCA:佐藤さん[★★★☆☆]
■機内ドリンク:ホットコーヒーとアップルマンゴー

アップルマンゴーは最高ですね。
本日もCAさんに熱烈なアイコンタクトをして、おかわりしました。

■☐■☐■☐■☐■☐■☐■☐■☐■☐■☐■

福岡空港に着きました。

空港から今日のお仕事先までは、高速バスを利用します。

なので、空港でランチタイムにします。バスの出発時間までは、十分な時間がありますので、色々なお店を物色しましたが、やっぱり出張太郎イチオシ定番の店、「博多ラーメンちくぜん」にします。

博多ラーメンちくぜん博多ラーメン[ちくぜん]

ちくぜんのとんこつラーメンは、コクのあるあっさり味のスープで、強烈なとんこつ臭もなく、博多系ストレート麺との絡みが絶妙です。ご飯とギョーザのセットなどもあります。

まだ食べたことはないけど「黒こってりトンコツ」という人気メニューもあるとか。
「黒こってりトンコツ」は、野菜のうまみをひきだした自慢の焦がし油が特徴とのこと。

ちくぜんセットちくぜんセット¥850

ちくぜんセットは、「とんこつラーメン+ギョーザ+ごはん」のセットです。

他にも「明太子ごはんのちくぜんセット(1,050円)」や「どんたくセット」などがある。

ごはんと高菜ごはんと高菜

タップリと高菜をのせていただきます。

ラーメンもOK、ご飯も許す。

だけど、ギョーザだけは、いつ食べても「コレなんかの冗談か?」と思うようなチープなギョーザです。

冗談のようなギョウザには苦笑するしかないね冗談のようなギョウザ?

【博多ラーメン ちくぜん】
 場所:福岡空港第2ターミナルビル3F
 電話:092-623-3083
 営業時間:9:00~20:30
博多ラーメン ちくぜんは、ココです

■☐■☐■☐■☐■☐■☐■☐■☐■☐■☐■

空港前のバスターミナルから高速バスでお仕事先に向かいます。

しっかりと、お仕事を終わらせて、再び高速バスで博多へと戻ります。

久しぶりに博多を訪れたら「えきさいど横丁」なる商業施設が駅前に出来ていてビックリ。

(@_@。

うなぎの寝床のビルにお手頃価格の飲食店がいっぱいでした。

上部は、立体駐車場になっているようです。

知らない間に出来てた「えきさいど横丁」えきさいど横丁

■☐■☐■☐■☐■☐■☐■☐■☐■☐■☐■

今日のお泊りは、サンライフホテル1です。

出張太郎はサンライフホテル2・3の方が好きです。

雨の日でも地下鉄に直結しているエントランスなので傘いらず、なのです。

この日は、高校総体の影響でどこのホテルも満杯で満杯でやっと見つけた部屋なので文句なしです

サンライフホテル1よりもサンライフホテル2・3の方が好きですけど。。 サンライフホテル1

今日は、ここまで。

   もっと面白いブログを見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月19日 (木)

奄美大島(3)焼酎【長雲】

出張太郎です。久々の更新です。

奄美大島に出張してきました。

地元の御大尽様でもなかなか手に入らない!!という、

まぼろしの黒糖焼酎、「長雲(ながくも)」をたくさん頂いて参りました。

昔ながらの製法をかたくなに守り続けるという山田酒造は手作業も多く出荷量に限りがあることから、品薄な地酒とのこと。

Nagaumo長雲(ながくも)

ラベルや瓶の雰囲気からして、とても旨いようには、微塵も感じられないこの長雲。

もちろんロックで頂きます。

同じく黒糖焼酎「高倉」とは、まったく違った志向の一品です。

奄美大島の【お取引さま】いわく『本物の黒糖焼酎を知ることができる』とのこと。

Nagakumolabel 長雲を【楽天】で探す

すごく、酔っ払います。

なので、今日は、写真がほとんどありません。

すみません。

長雲を楽天で探すには画像をクリック

会社名: 有限会社山田酒造
住所: 大島郡竜郷町大勝1373番地ハ号
TEL: 0997-62-2109
FAX: 0997-62-2793
鹿児島県酒造組合連合会HP:http://www.shochu-otu.or.jp/main/92/

今日は、ここまで。

   もっと面白いブログを見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月12日 (木)

茨城県取手市(手づくり洋食サルデーレ)

出張太郎です。久々の更新です。

茨城県取手市に出張してきました。

今日のランチは、定番の美味しい洋食屋さん「サルデーレ」です。

Sardele 純和風瓦屋根の洋食屋さん

国道6号線沿いにある洋食屋さんです。

東京方面からクルマで行くと、キリンビールを過ぎてカップヌードルの手前の信号カドです。

ランチメニューから「パスタランチ(¥880)」をオーダしました。

Lunchmenu_sardele <イメージ>

あまりの空腹に我を忘れて(?)料理の写真を撮るのを忘れてしまいました!!

というわけで、サルデーレのHPより写真を拝借し、掲載しています。

小ぶりながらもふっくらとしたハンバーグは、ゼッピン!

トマトソース味のスパゲッティとハンバーグの合盛り状態なのですが、ザンネンなことにライスが付きません。スパゲティが炭水化物だからでしょうか??

なので、ライスを追加オーダーします。カンペキです。

■サルデーレ通信■
Sardelecojp 07071319p1010059 手づくり

手書きの「サルデーレ通信」。お店からのお知らせやおすすめメニューが書かれています。7月号とあるので、月刊のようです。

■ホームページ■

お店のホームページもなかなか充実しています。

http://www.sardele.co.jp/index.html

この手のお店は、作りっぱなしの素人っぽいホームページが多いのですが、キチンと更新されているし、メニュー写真なども見やすくて美味しそうです。

■手づくり洋食 サルデーレ■

 茨城県取手市清水296-1
 0297-83-6151

 営業時間:11時~22時
 (ラストオーダ21時30分)
 定休日:第2火曜日

[地図]
手づくり洋食サルデーレ

今日は、ここまで。

   もっと面白いブログを見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月22日 (金)

京都府福知山市(1)

出張太郎です。(今日のランキングはコチラ

京都府福知山市まで出張してきました。

広島からの帰りに福知山に寄ることになりました。

JR広島駅で【0系こだま】いました。さすが、JR西日本ですね。

結構、キレイです。カラーリングもJR西日本ぽいです。

どうしても、東海道新幹線開業当時の青いラインの印象がつよいので、なんだかオリジナルん塗装にチャレンジしちゃったプラモデル、っていう感じが否めないです。

写真は、【こだま636号】(広島発・新大阪行)です。

0系こだま 【0系こだま】22-7004

さあ、真打登場です。500系のぞみ10号(東京行)入線です。

のぞみで京都まで行き、京都から特急きのさきで福知山を目指します。

のぞみ
系 【500系】

んん?車両とホームの隙間にサイドギャザーのような羽が付いている??

いつから付いたのだろう?気が付かなかったぞ?

しかし、この精度をみたら、欧州仕様の新幹線ではなくて、日本の新幹線にしよう!と思うのが自然だと思いますよね。

500系にサイドギャザー???500系にサイドギャザー? もみじまんじゅう

おみやげを買ったついでに、自分へのご褒美として、バラ売りのもみじまんじゅうを購入しました。(¥65円)

 

もみじまんじゅう 

 

ほとんど、あっという間に、新大阪です。

新大阪到着直前の車内アナウンスを聞いていてショックなことが!!

『新大阪からの乗り換えのご案内です。・・・・タンゴエクスプローラー1号豊岡行きは、・・・』

なぬ???タンゴエクスプローラー??

しまった!!新大阪からタンゴエクスプローラーで福知山へ行く方法もあったのだ!!

急いで、携帯電話で「ジョルダン乗り換え案内」にアクセス。

新大阪~福知山、現在時刻で検索!

で、でた!!

タンゴエクスプローラー1号(11:03-12:45)

や、やられた!12:45といえば、京都から【きのさき1号】で福知山に到着する時刻である。そりゃ、そうだ。北近畿ビッグXネットワークの中心「福知山」で接続しているのだから、当たり前だ。くやしい。

なぜ、思いつかなかったのだろうか。本当にくやしい。

京都まで新幹線のキップを買ってしまったので、仕方ないか。。。。

また次の機会にタンゴに乗ろう。

気を取り直して、京都に下車します。 

きのさき1号特急【きのさき1号】

京都からは、特急きのさき1号で福知山をめざします。

特急きのさきは、豊岡に行くときによく使います。

お昼は、車中でお弁当です。

今日は、久々に柿の葉ずしをセレクト。

本当は、31番線のお弁当屋では買いたくなかったのですが、柿の葉ずしが食べたくなっちゃったので仕方ありません。なぜその売店で買いたくないかというと、おばちゃんが怖くてぶっきらぼうでキツイ物言いで失礼な感じのヒトだからです。

柿の葉ずし、しかもヤマトの7色を売っているので、我慢しましょう。

とはいえ、今日もものすごくやな感じでしたね~。

もっと、はんなりとした口の利き方が出来ないものか。。。。。ムカつくね。

ヤマトの柿の葉ずし。七色の味です。 ヤマトの柿の葉ずし。左から、さば、さけ、しいたけ、小鯛、えび、そぼろ、さわら、です。 柿の葉ずし

左から、さば、さけ、しいたけ、小鯛、えび、そぼろ、さわら、です。

福知山に到着しました。豊岡に比べるとあっという間の近さですね~。
JR福知山駅 JR福知山駅

いつの間にか高架になっています。

あ、いた!

北近畿タンゴ鉄道(KTR)の旗艦列車、ディーゼル特急【タンゴエクスプローラー1号】です。

あああ、こっちにすれば良かった~。

ディーゼル特急タンゴエクスプローラー1号 ディーゼル特急【タンゴエクスプローラー1号

さあ、仕事、シゴト、しごとです。

◆◆◆

さっさと、シゴトを片付けた出張太郎は、さっさと群馬に帰ります。

予定していた16:30発の【特急たんば8号】ではなく、15:40発の【特急きのさき8号】に乗れそうです。

タクシーの運転手さんに、チョット急いでもらったので、楽ショーでした。

念のため帰りのキップは、福知山に到着したときに購入済です。(●^o^●)

だって、ギリギリのときでも飛び乗れるでしょう?

(駆け込み乗車は大変危険です。無理な乗車はせずに次の列車を。。。)

特急【きのさき8号 特急【きのさき8号】

さあ、京都までは自由席ですが、たぶんガラガラでしょう。

案の定、ドコでも座り放題です。

京都で東海道新幹線のぞみ140号に乗り換えて、東京駅から長野新幹線あさま547号で高崎まで帰ります。

まだまだ、長い道のりですね。。。。

今日は、ここまで。

   もっと面白いブログを見る

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年6月21日 (木)

広島県広島市

出張太郎です。(今日のランキングはコチラ

広島県広島市まで出張してきました。

【お取引先さま】のイベントのため広島に向かいます。

いつものようにJR高崎駅までクルマで向かい、上越新幹線Maxとき302号に乗り東京へ。

JR東京駅からは東海道新幹線のぞみ15号(博多行)に乗って、一気に広島を目指します。

羽田から飛行機にしようか迷うところではありますが、目的地が広島空港から遠いということもあり、また、同行者の【部長さま】が飛行機ニガテ系なので、新幹線をセレクトしました。

東京駅9:13発、広島13:19着ですので、車中でお弁当ランチとなります。

今日は、奮発して「うなぎ(二段)弁当」にします。

「国内産うなぎ使用」と明記されているので、迷わず即ゲットです。

出張太郎は、お弁当に迷ったときのルールがあります。

冬季は、イクラ系。夏季は、うなぎ系。どっちもない時は、お寿司系。

ドリンクは、もちろん「サントリー黒烏龍茶」です。

Unagiうなぎ二段弁当¥1,380円

発売元のJR東海パッセンジャーズWebサイトによると、

『鹿児島県指宿郡の山川地方ならではの豊富な温泉水で育てた、純国産うなぎを贅沢に110g使用!ごはんとごはんの間にうなぎを挟んだ「まむし丼」スタイルに仕上げました。
 自慢は、うなぎ専門店に負けない味のタレ。そして国産の香り高い山椒を使用。ご飯にも自慢のタレをたっぷり混ぜ込みました。』

とのこと。

期待が高まりますね。

名古屋を過ぎた辺りで、いただきます。

Unaginakaタレと山椒をかけた状態

う~ん。。。。。

なんか、期待したよりも。。。。。

ごちそうさまでした。

さて、JR広島駅からイベント会場で宿泊先でもある[グランドプリンスホテル広島(旧広島プリンスホテル)]までは、タクシーで15分(約2千円)くらいでした。

あいにくの空模様でホテルの外観や客室からのきれいな景色の写真は取れませんでしたが、天気がよいとこんな感じのようです。↓

Prince (C)PrinceHotel

Princeroom11階の部屋からの眺め

懇親会のあとは、広島市街の繁華街にくりだします。

Hiroshima広島市中区流川町

これぞ、地方都市の繁華街!!といった雰囲気マンマンですね。

Tasuke 今日は、ここにします。

[地図]
 一心太助

明日は、福知山市(京都府)に寄ってから群馬に帰ります。

今日は、ここまで。

   さてさて、
     今日の出張太郎は、何位でしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月24日 (木)

大阪の初夏の味覚と夜景満喫・大阪(弁天町)

大阪の夜景

出張太郎です。
大阪方面に出張してきました。

でも、今回は写真ありません。
(ケータイ忘れてしまいました)
とても不便です。
何をするにもケータイに依存していることが、仕事上も多いということが身にしみてわかりました。

今日は、大阪ドーム周辺で午後3時からの打ち合わせなので、朝はゆっくり目です。
それが、災いしたのでしょうか??
携帯電話を家に忘れて出掛けてしまったのです。
本日同行の【部長さま】との連絡も取れません。焦りマス。^_^;

出張太郎は、いつも携帯のカメラで画像を撮っているので、今回は画像が少ないです。

お仕事が終わり、ホテルにチェックインしてからチョイッと一杯と思っていたのですが、【お取引先さま】のご好意で【はも】を食べに行くことになりました。
本格的な【はも】料理は、初体験の出張太郎。わくわくしながら料理の写真をパチリとしようと思って、「あ、今日はケータイないんだ(T_T)」
なので、お店の外観もナシです。
料理の写真もナイデス。

鱧には無数の小骨があるので、そのままでは食べられないそうです。
なので皮一枚を残して約一ミリの間隔で包丁を入れる【骨切り】という技で小骨を感じさせることなく食べられるようにするそうです。
【骨切り】を丁寧しないと、ホネっぽい食感になるそうです。

でも、この日の【はも】おいしかったです。

まずは、骨切りした鱧を湯引きにした「活鱧落とし」という食べ方で、梅肉ベースのタレをつけていただきます。おいしい~(●^o^●)
活鱧落とし <イメージ画像>

次は、【はも】入りの冷製茶碗蒸です。これもおいし~(●^o^●)

さあ、メインは、「はもすき」です。
あまからの汁を煮立てて、野菜とマロニーをいれます。
そこにしゃもをしゃぶしゃぶします。

うお~。おいしい~(●^o^●)
初めての食感です。

生タマゴをといてすき焼きのようにつけて食べます。

最後は、うどんを投入します。
ちょっと入れ過ぎ?というくらい投入しちゃいましたが、これが本格的な方式かは不明です。
熱々のうどんを先ほどの生タマゴの残りにからめてずずずずーーっとイッキに啜ります。
うん、うんまい。
でも、ちょっと甘すぎてたくさん食べられない。
あああ、もうおなか一杯です。

■ハモ料理(鱧料理)

お店の名前:<まったく覚えてません(^_^;)>
場所:おそらくこの辺です。 大阪市西区千代崎2丁目?
[地図]
  鱧料理の店

■ホテル

今日の宿は、三井アーバンホテル大阪ベイタワーです。

7月からは「ホテル大阪ベイタワー」になるそうです。

ユニバーサルスタジオジャパン(USJ)に近い高層ホテルです。
チェックインのときフロント係から「少し広めのお部屋をご用意させていただきました」と言われました。
おお!アップグレードです。
ラッキー!!!
な、なんと!今話題のプレミアムルーム「アーバンルーム」です。
男性にはUrban_room アーバンルーム
[客室コンセプト]:「ビジネスシーンをサポートするスタイリッシュな空間には快適におくつろぎいただくためのアイテムが満載。」

ちなみに女性向けには、「オードリールーム」というのがあります。
女性にはAudrey_room オードリールーム
[客室コンセプト]:「日ごろの疲れを癒し、耀く自分に出会える工夫をこらした、女性専用のプレミアムルーム。」

「アーバンルーム」は、ナニからナニまでこれでもか!!ってくらいに「エグゼクティブ」な感じの部屋です。
カッコイイ。
客室設備も充実です。縦型ズボンプレッサーはもちろんのこと、エスプレッソマシンとか、リクライニングチェアとオットマン、わざわざライトアップされた観葉植物、コードレスヘッドホンなどなど。

しかも、地上48階からの見事な景色。大阪の夜景がすばらしい!!夜空に浮かぶ部屋、大阪上空に泊まっている、という感覚です。

でも。
ひとりで夜景を眺めながらリクライニングチェアでくつろぎのひとときを過ごす。。。。なんていうナルシストではない出張太郎は、すぐさまネクタイを取り去り【部長さま】と一杯引っ掛けに行きます。

出張太郎、今日はここまで。

   さてさて、
     今日の出張太郎は、何位でしょうか?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年5月20日 (日)

伝説の北海道みやげ【じゃがポックル】をゲットする方法!!

新千歳空港【じゃがポックル取り扱い店舗】

出発カウンターのある2階のFleur(フルール)ショッピングワールド内の以下の店舗で【じゃがポックル】を売っているそうです。

■ANA側
1)ANA FESTAキオスク
2)北海道物産
3)センカ
4)じょうてつ
5)スノーショップ出発売店
7)ハスカップ
8)BLUE SKY(JALUX)キオスク1号店
9)丸井今井
10)雪印パーラー
11)北海道百貨スイーツ店

■JAL側
12)三越
13)山三ふじや
14)スカイショップ小笠原
15)札幌グランドホテル
16)BLUE SKY(JALUX)出発1号店
17)東急百貨店総合
18)ノルディス
19)BLUE SKY(JALUX)出発2号店
20)BLUE SKY(JALUX)キオスク2号店

■その他
1Fスノーショップ到着売店

Fleur(フルール)のインフォメーションカウンターでもらったチラシによると、これらの店舗でじゃがポックルをゲットできるということです。。。。

が、しか~し!!

実際にこれらの店舗の店頭にじゃがポックルが並んでいることはほとんどなく、入荷して店頭に並べるや否や30分もたたないうちに完売する状況のようです。
そのため、これらの店舗を一軒一軒やみくもに回っても、よほどの幸運でもない限りゲットすることは困難です。

そんななか、このたびわたくし出張太郎は、空港内を無駄に駆け回ることなく、ドコにじゃがポックルがあり、どの店舗がじゃがポックル売切れ・完売御礼なのかを瞬時に知ることができる【秘策】をもって今回の出張でお一人様購入限界の3個ゲットに成功しました!!

感動しました!

じゃがポックルを3箱ワシ掴みにしてレジに向かったときの快感といったら。。。。

スローモーションで、BGMはエルガーの【威風堂々】が頭の中に流れていました。
まるでクックDOのCMのようでした。(笑)

支払いは、もちろんEdyです。「ピッ」「シャリーン(←Edyの音です)」。

 購入場所:札幌グランドホテル
 お買い物:じゃがポックル@¥840×3個=¥2,520円
 札幌グランドホテル ショップ ←ココで買えた

さて、【じゃがポックル】をゲットできる秘策とは。。。

■【じゃがポックル】をゲットできる秘策■
1)出発カウンターのある2階のFleur(フルール)ショッピングワールドに
  あるインフォメーションカウンターに行く。
2)『今現在【じゃがポックル】の在庫があるお店はどこですか?』とたずねる。
3)以上、それだけ。

今回は、調査し切れなかったのですが、Fleurのインフォメーションカウンターでは、各店舗の在庫状況がわかるらしい。
少なくとも現時点で全ての店舗で完売である、ということは確実に把握しているようだ。
【じゃがポックル取扱店舗】がリストアップされているA5版のチラシもゲットできる。

とはいえ、飛行機の出発時刻までに「運良く」入荷するかどうか、が運命と勝負の分かれ目ですね。
入荷のタイミングは、各店舗によりマチマチで、納入業者も複数あるらしいし。
今回は、夕方5時の入荷のタイミングでたまたまゲットできたのだが、チョットでも出遅れていたら最悪の結果になっていたに違いない。。。

不運にもこの方法で【じゃがポックル】をゲット出来なかった場合には、【楽天市場】で「おとりよせ」しましょう!

  【楽天市場】で【じゃがポックル】をゲットするには、コチラをクリック!

伝説の北海道みやげ【じゃがポックル】 伝説の北海道みやげ?

【じゃがポックル】とは?

カルビーの北海道限定ブランド「ポテトファーム」で製造されている北海道限定のポテトスナック菓子です。
大人気で売り切れ続出で市場に枯渇感があります。

中身はこんな↓感じです。
じゃがポックルの中身 じゃがポックルの中身

■「じゃがポックル同梱のじゃがポックルに関するガイド」より

1.美味しさの秘密は、「じゃがポックル」独自の<SUCCT製法>にあります。

北海道産のじゃがいもの中でも旨みのある品種だけを使用し、製法に適した大きさのものを厳選しています。
旨み成分を残すために皮付きのまま、まるごとカット。
さらに独自のSUCCT製法が、いままでにないサクサクっとくる食感と北海道産じゃがいも本来の味わいを生み出しています。

2.オホーツクの焼き塩を使用。北海道ならではの風味です。

オホーツク海とつながっているサロマ湖の淡水と海水が混じり合う汽水域から作られた塩を使用。
この汽水域はミネラル分が豊富で旨み成分がタップリ。
汲み上げた海水を釜でじっくり煮込み、マイルドな焼き塩に仕上げています。

3.美味しさと品質を追求すればやっぱり北海道産のじゃがいもです。

「じゃがポックル」の原料となるじゃがいもは、100%北海道産。
それには理由があります。
じゃがいもの美味しさを左右するでん粉は、葉で作られ、夜に地下のじゃがいもへ送られます。
昼と夜の寒暖差が大きいほど、でん粉がたくさん移行し、その分旨さも増します。
また北海道は梅雨がほとんどないので、腐敗などの品質低下も防げます。
北海道の気候風土は、とても美味しくて良質なじゃがいもを育ててくれるのです。

「じゃがポックル」に使用している北海道産じゃがいもは、土づくりや肥料づくりを生産農家と共同で研究した畑で実ります。
収穫後は畑ごと生産者や収穫日、品質などをしっかり記録した身元を明示。
その後、貯蔵倉庫に運ばれたじゃがいもは、品質検査を受けた上で厳密な温度・湿度管理のもとに貯蔵されます。
大切に育てられ、選び抜かれた一個一個が、今、低温貯蔵倉庫で出番を待っています。

4.「じゃがポックル」という名前は、アイヌ民族に伝わる伝説のコビト「コロ・ポックル」からいただきました。

コロ・ポックルとは、アイヌ語で”蕗(ふき)の下の人”を意味し、アイヌ伝説に出てくるコビトです。
恥ずかしがり屋で人前に姿を見せることはないのですが、夜中にこっそり食べ物を置いていくような優しい心を持ち幸せをもたらしてくれる神様として伝えられています。

5.サクッとうまい!
北海道から生まれた新感覚ポテトです。

「じゃがポックル」を食べた瞬間「おっ!」と思われた方が多いのではないでしょうか。
カリッとして、サクサクッと未体験の歯ざわり。
そしておクチに広がる、じゃがいも本来の味わい。
厳選素材と独自製法から生まれた、北に大地の傑作です。

「POTATO FARM(ポテトファーム)」とは、素材と製法にこだわったかルビーの北海道限定ブランドです。
現在、「じゃがポックル」「ほっとホテト」など、オリジナルティあふれる商品を展開している。
これからもどこにもいない「ポテトファーム」だけの美味しさをお届けしてまいります」

   さてさて、
     今日の出張太郎は、何位でしょう?

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2007年4月26日 (木)

今日のランチ(大戸屋)

出張太郎です。 

        今日の出張太郎は、何位でしょう?

東京都福生市まで出張してきました。

お昼は、定番の「大戸屋」です。

Ootoya_logo

■炭火焼きさば定食(¥640円:税込み)

P1010038 980kcal

大戸屋のさばは、ノルウェー産だそうです。

9月下旬~10月上旬に水揚げされた脂ののったさばを厳選しているとのこと。

たしかに、美味しい。脂タップリ。

とても美味しゅうございました。

■青森産とろろとまぐろのねばねば小鉢(¥367円:税込み)

P1010037 164Kcal

P1010036 おいしそう

「青森産とろろとまぐろのねばねば小鉢」スゴイネーミングですね。

精が付きそうです。とろろ・おくら・マグロ・うずらの卵・納豆などがパフェのように入っています。

ワサビを醤油に溶いて注ぎ入れてかき混ぜます。

さじでまぜまぜして、ご飯にド~ン!!と掛けていただきます。

ズルズル~

う、うまい。

はー。

美味しゅうございました。

出張太郎 今日は、ここまで。

その他のブログは、コチラから。。。

励みになります。よろしかったら
↓クリック をお願いします。 

人気ブログランキングへ にほんブログ村へ
Ranblo_banner63_2 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月29日 (木)

奄美大島(2)

出張太郎です。

奄美大島まで出張してきました。

奄美大島の出張は、夜のお付き合いも大切な「しごと」です。

奄美の自然の恵みを味わいながら、とても大切な人と楽しいひとときを過ごすのは、たいへん楽しみでもあり、ものすごくツライことでもあります。

糸井重里風に言うならば、【オモツライ】です。

さて、まずは、夜の準備のため、【飲む前に飲む系ドリンク】を買い求めます。

ホテルの近くの薬局に入ります。

Ueharadrug 上原薬局

「聞くは一時の恥」いうことで、ここはお店の人(おばちゃん)に相談するのがイチバン。

出張太郎:『あのう。これから飲むんですけど、飲む前に飲むと良いドリンクはどれですか?』

おばちゃん:『(連日連夜の飲酒で)弱ってるの?』

出張太郎:『弱ってるヒトが一人とこれから弱るヒトが一人です。』

 (注)弱ってるヒト=【おエライさま】、これから弱るヒト=出張太郎

おばちゃん:『シロウトなら、コレで十分』と¥525円の小瓶を指差す。

出張太郎:『へ?プロは、ちがうんですか~?』

おばちゃん:『プロは、コッチ!』ちゴージャスなラベルの小瓶を指差す。

出張太郎:『た、高そうですね?効きますか?』

おばちゃん:『毎日お酒を飲むプロが愛用している。これを飲むと、お酒ってこんなに楽にのめるものかしら~、っていうくらい肝機能が向上して飲んでいるとき、飲んだ後、そして翌日も楽になる。¥1,500円ち』

出張太郎:『せ、せんごひゃくえん?(@_@。う~ん。。。。』

おばちゃん:『飲んだ後には、この【銀河水】と錠剤を3つ呑むともっと楽になるのよ』

出張太郎:『く、ください。2本!!』

おばちゃん:『【銀河水】は?』

出張太郎:『そ、それも!! あ、一人分でいいです。』(【おエライさま】ゴメンなさい)

■【銀河水】と【あやしいクスリ】と【プロ用ドリンク(?)】

Gingasui Ayashiidrink Vitax_go

ちょっと【営業】されちゃったかな??

あやしいドリンク「ビタエックスG.O.」を【おエライさま】にもお渡しします。

さあ、今夜はいずこへ~!!

■今日の一杯

店名 割烹 さつま路
住所 鹿児島県奄美市名瀬金久町6-4
電話 0997-52-1257

さつま路 割烹さつま路

奄美大島の海の幸を堪能しながら、黒糖焼酎を2本空けました。

■今日の黒糖焼酎

1本目25度 2本目30度

ヘベレケです。
【銀河水】と【あやしいクスリ】と【プロ用ドリンク(?)】効果は未知数!!
効いたかどうか。。。。

さて、翌日は。。。。。もちろん、とてつもない二日酔いに決まってます!!

とはいえ。二日酔いでも【鹿児島空港】まで【奄美空港】から朝イチ便でのフライトとなります。恐ろしい。

空港まで移動の間に、、、はい。そうです。

【銀河水】を奄美大島の大自然の大地に文字通り【もどし】ました。(>_<)

クルマを止めてもらい、うずくまって、【銀河水】を嘔吐した場所に自分でもびっくりですが、な、なんと!あの【高倉】【やんご】の蔵元「奄美大島酒造」の龍郷町工場の入り口でした!!

し、しかも。おおきな焼酎のビンの形をした看板の下。これマジやで~。

さて、世の中は、春の別れの季節。奄美空港は、転勤や進学・就職で島外に出る人たちの見送りの皆さんでメチャ混みです。あっちやこっちで円陣を組んでます。

機内も満席です。二日酔いの出張太郎にとっては、とてもつらいフライトになりそうです。

残念ながら、当便には「クラスJ」の設定はございません。

■便名:JAL3722 

■座席:3D (AB-CDE)

■機材:MD-81(JA8555)

■ベストCA:そんな余裕なし[☆☆☆☆☆]

■機内ドリンク:サービスなし(あったとしても飲むのはムリ)

◆◆◆ 

なんとか鹿児島空港に着きました。

ここから鹿児島市内行きのバスへ乗り換え、鹿児島中央駅から九州新幹線つばめで宇土駅(熊本県)まで移動します。

二日酔いですが、熊本県内のユーザを訪問して、熊本空港から羽田にとび帰路に着く予定です。

まだまだ、帰れません。。。

出張太郎 今日は、ここまで。

その他のブログは、コチラから。。。

励みになります。よろしかったら
↓クリック をお願いします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村へ
Ranblo_banner63_2 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧